バイアグラの基礎知識

さて、皆さんはばいあぐらと聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
勃起不全治療薬としては最も古いこの医薬品は、レビトラやシアリスと言った新しい勃起不全治療薬が発売されている今もなお、その強力な勃起効果で世界中に愛用者がいるのです。
バイアグラは、国際的に有名な製薬会社であるファイザー社によって1990年代に開発され、1998年よりアメリカ合衆国で発売が開始されました。
当時としては前例のなかったこの勃起不全治療薬は、発売当初は「夢の薬」などと言われて勃起不全患者に大きな希望をもたらしたのです。
1999年には日本でも厚生労働省に認可され、発売がされています。

実は、ばいあぐらの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は血管を拡張させる効果を持ち、元来は動脈硬化、狭心症の治療薬として研究、開発されていたのです。
しかし臨床試験の結果、副作用にペニスの著しい勃起という症状が発見されたため、勃起不全治療薬として開発が進んでいったのです。
医学による治療法がなかった時代に、画期的な新薬として爆誕したバイアグラは、発売と同時に爆発的な人気を博しました。
非合法な販売ルートによる粗悪なコピー品の氾濫などが一部では現在でも横行しており、購入者への健康被害などが懸念されていますが、人気と需要の高さがうかがえるとも言えるでしょう。

また、現在ではシルデナフィルの特許が切れているために、世界中の各社から、公認された優秀なジェネリックが通販などでも購入可能です。
カマグラ、シラグラ、ゼネグラ、アグラ、ビゴラ、スハグラ、ペネグラ、ハードオン、センフォースとジェネリックの名前を挙げれば枚挙に暇がなく、もちろんどれも有効成分はバイアグラと同様にシルデナフィルクエン酸となっていて同様の効果が期待できます。
実際にこれらのジェネリック薬は先発薬並の人気で、海外通販サイトなどでは定番の人気商品となっていたりもします。

ちなみに、シルデナフィルクエン酸は、日本で認可されている成分量としては25mgと50mgの2種類となっています。
海外通販などを利用すれば、成分量100mgのばいあぐらやジェネリックも購入が可能ですが、効き目が強力である分、ほてりや、頭痛などの副作用なども強くなるので使用の際は注意が必要です。
副作用が強いと思った場合はピルカッターなどで成分量を調節するのがいいでしょう。

バイアグラの購入についてはコチラ